ブログトップ

Time's Arrow

twentytwo.exblog.jp

<   2011年 07月 ( 1 )   > この月の画像一覧

プロフェッショナル

これまで遠くから見てきた人達が

今では身近にいて、

その人達の背中を見ながら、

自分も同じ立場にいること、

そしていずれはそうならなければならないことを思うと、

ちょっと感じた挫折。

まだまだ、ゆっくり登ればいいのだけれども、

その背中がとても大きく見えて、

なんだか自分の足りなさに幻滅しながらも、

もう一度一からと謙虚な気持ちが、

頭に浮かんだ久しぶりの感覚。

どうせいつかは死んで終わりが来るのだから、

終わることなんか考えずに、

いつまでも小学生や中学生のような好奇心で、

大海を求めて、新たな海を泳ぎ続けようじゃないかと

思えた夜。

そうやって、ちょっと素直な気持ちを思い出せば、

あまりにも失敗だらけの日々だけれども、

明日の朝が楽しみになるのは気のせいだろうか。
[PR]
by faceless_masses | 2011-07-03 03:09 | 思想