ブログトップ

Time's Arrow

twentytwo.exblog.jp

ミサイルは飛んでいく(2)

「おとーさん、おとーさん」

子供が無邪気に呼んでいる。

「はーい」と返事をすると、屈託のない笑顔で抱きついていくる。

自分にもこんな時代があったのかな・・・

子供の心は真っ白だ。スポンジのように、物事を吸収し、あっという間にいろいろできるようになる。

そんな時代から既に30年がたち、いろいろな知識で頭が埋め尽くされている。

親から教えられたこと、学校で習ったこと、テレビが言っていたこと、本に書いてあったこと。

そういった知識は、貴重なもので知恵を与えてくれる。

一方で、知識が、本当かな?今もあてはまるのかな?と考えたことは意外にも少ない。


同盟国は、強い国だ。。。隣の国は悪いやつだ。。。

強いやつは正しくて、弱い奴らは間違っている?

この前までは、核をもっていなかったけど、今は核をもっている。

遠くにミサイルも飛ばせるようだ。

随分と状況が変わってきたな。。。今までの知識は通用するのかな・・・


時間は刻々と過ぎていく。それは、世界が変化していることを意味している。

変わらない知識、変わる世界。

歴史を眺めると、このギャップがいつも大きな悲劇を生んでいるようだ。

おわり





[PR]
by faceless_masses | 2017-09-09 09:03 | 社会
<< ダークエネルギー ミサイルは飛んでいく >>