ブログトップ

Time's Arrow

twentytwo.exblog.jp

人間というのは困難は共にできる。しかし富貴は共にできない。

人が生きていることを実感できるのは、
自分以外の人と一緒にいることを感じることができるときであろう。

それは、人間が生まれながらに持つ機能を、
存分に発揮できるからだろうか。。。

高杉晋作は、言っている。

「人間というのは困難は共にできる。しかし富貴は共にできない。」

正にその通りだと感じる。

お互い不遇の時には分かり合えるものである。
一方で、富める時には、分かり合えず、そして、仲違えるものである。

いざ、研究者としての生き方と照らしたとき、
私が求めるものは成果を得た後のことではなく、
成果を得るまでの不遇の時を、いかんとせんかと共に思う時なのだと思う。







[PR]
by faceless_masses | 2015-04-21 23:53
<< 3年、4年、そしてさらに 2015年の始まりに >>