ブログトップ

Time's Arrow

twentytwo.exblog.jp

日本の歴史(戦後)

1945年日本は第二時世界大戦に敗れた。
戦争に破れた日本は、連合国軍最高司令官ダグラス・マッカーサー率いる
連合国軍最高司令官総司令部(GHQ)の圧力の元、
日本国政府や国会の民主化・自由化が進めた。

この時、マッカーサーが当時の首相幣原喜重郎に対し、5つの改革を指令した。
1. 秘密警察の廃止
2. 労働組合の結成奨励
3. 婦人の解放
4. 教育の自由化
5. 経済の民主化
これらの改革を盛り込みつつ、
1946年には日本国憲法が成立した。
これは、大日本帝国憲法の改正として進められた。

----------------------------------------------------------------------------
近代日本の土台は、このGHQ支配の中で生まれた。
それが、近代日本の中でどのような影響を及ぼし熟成されてきたのかを
このシリーズでは論じていく。
----------------------------------------------------------------------------
[PR]
by faceless_masses | 2013-09-29 12:20 | 社会
<< 良い言葉 (1) コミニュケーション社会 >>