ブログトップ

Time's Arrow

twentytwo.exblog.jp

コミニュケーション社会

人という動物が進化する過程で、
卓越したコミニュケーション能力が作り上げられた。

それは、正に人間が他の動物と存在を異にし、
地球上の生物の頂点に君臨していることからも
生存競争において重要な事柄であったことは明らかである。
今や、人を除く生物との生存競争等という脅威すら存在しなくなった。

そして、それは生物(有機物)の限界を超えて、
人工的に作り上げられた携帯電話、インターネット等の
情報ネットワークによってさらに強固につながろうとしている。

この情報コミニュケーションの時代の今後の展望は
いかなるものであろうか。

その一つの答えとして、人型ロボットの開発が行われている。
この人間ロボットは我々の未来に何をもたらすのだろうか。
(ミラタが五輪招致で活躍!!)
(キロボは宇宙へ!!)

1) 人はロボットを必要とするのか。
2) 人ではなくロボットとコミニュケーションを取りたいのか。
3) 孤独とは何か。
4) 孤独はどこにあるのか。
5) 人はどうありたいのか。
6) ロボットをどう考えるべきか
7) ロボットは何をもたらすのか。

それを考えるためには上記を考えていく必要がありそうだ。
[PR]
by faceless_masses | 2013-09-05 10:39 | 社会
<< 日本の歴史(戦後) 済州島 >>