ブログトップ

Time's Arrow

twentytwo.exblog.jp

風立ちぬ

風立ちぬを見た。



飛行機が美しく飛ぶ姿を思い描きながら、
静かにやるべき事を進める堀越二郎に、
憧れをもって見いてしまったというのが率直な感想だろう。

震災、女性、戦争が複雑に入り交じったストーリーからは、
妙にリアリティをもった技術者の本能があぶり出され、描かれていた。

震災という劣悪な環境の中で、
勉学に励み、志を確かにする。

美しい飛行機というたった一つのシンプルな夢が、
妥協を許さず、技術を先鋭化し、世界を凌駕する力の源を生み出すことは、
技術者であれば共感を得ることができるであろう。

美しさを支える凄まじいエネルギーは、
菜穂子への愛にも注がれる。

菜穂子の不運な境遇に対し、
あえて向かい合うのではなく、
溢れるエネルギーで包み込むように手をにぎる。

菜穂子もまた病と戦い、生きている。

夜中、二郎が鉛筆を走らせる。菜穂子は、手を差し出す。
互いに「生きて」こそ「つながる」。

そう愚直に信じる二人の姿のけなげさに心が打たれる。


人は時代を選べない。

精一杯生きるということと、戦争、運命。

技術者の魂と、それがもたらす結果。
矛盾を抱えた世界を生きた一人の青年。堀越二郎。

それが今描かれるのは、変わらない世界があるからだ。

人は時代を選べない。

おわり
[PR]
by faceless_masses | 2013-07-29 23:29 | 科学
<< 高杉晋作 人生の歌 >>