ブログトップ

Time's Arrow

twentytwo.exblog.jp

新生活

寂しさを感じることすらできないほど、
あまりも多忙な生活で毎日が忙殺されていき、
あっという間に東京を離れて、20日ほどがたとうとしている。

それでも土曜日や日曜日になると東京での生活が
思い出され、ふと寂しさが脳裏を這い、
ぼーっと天井を見上げる時がある。

しかし重責を負った立場は、
やりがいそのものであり、
中部圏の存在意義をかけた国家プロジェクトの
根底部分を支えるという高揚感で日々を楽しく過ごしている。

いざ名古屋に来てみれば、6年間ここに住んだ記憶が細胞中に
鮮明に刻み込まれていることを察するのに、二日を要することはなかった。

疲れてぼーっと家に向かうと、
以前住んでいた二つ隣のマンションに自転車を止めることが2度ほどあった。

しかし、慣れ親しんだ街とはいえ、やはり周りの状況は一変しているという印象が強い。
まだまだこの街に再び腰を据えるのには時間がかかりそうな気がする。

だけど、ちょっと今回は少しトーンを落として、ゆっくり街に溶け込んでいきたい。
[PR]
by faceless_masses | 2011-04-16 23:35 | 日常
<< プロフェッショナル ふるさと >>