ブログトップ

Time's Arrow

twentytwo.exblog.jp

ボンジュール的気分

自分の想像を超えた時に真の驚きや発見がある。

そういつも思っている・・・


澄んだ青い空、つんと鼻をつく冷えきった空気

ボルドーに到着したのは朝の9時だった。

ボンジュール

第二外国語で中国語を専攻していた僕には聞き慣れない不思議な感覚。
英語や中国語以外の言葉に触れる異国な気分。

ボンジュール的気分。


まさかこの地に来ることなど一度たりとも想像したことがあっただろうか。


今年のボジョレーヌーボが旨いなんて言っておきながら、まさかワインのメッカである町に来ることなど想像したことがあっただろうか。


パリジェンヌに憧れることはあっても、まさか他の地方都市のフランス女性も負けじおとらずオシャレで美しいということを知ることになろうとは想像したことがあっただろうか。


マクドナルドでやっぱりコークかなと思いコカコーラをコークと発音したら、まさかポークバーガー?がでて来るという単純ミスをすることになろうとは想像することができただろうか。


とにもかくにも美しいボールド-の街の写真です。



b0199106_1413353.jpg


b0199106_14151913.jpg


b0199106_14184633.jpg


b0199106_1419536.jpg


メルシー
おわり
[PR]
by faceless_masses | 2010-10-18 14:23 | 日常
<< ボルドーの歴史 愛とは何か >>