ブログトップ

Time's Arrow

twentytwo.exblog.jp

今年の夏とかけて、 皆既日食と解く、 その心は・・・

偏西風の蛇行によって、日本上空に高気圧が張り出した今年の夏。
燦々と降り注ぐ太陽と都市のヒートアイランドで灼熱の世界と化した日本列島。
実験室の温度、25度( 冷房温度 23 度)。
外気温、36度。
11度の温度差による繰り返し負荷で疲労破壊を起こす身体。

この暑さではなかなか仕事が手につかない中・・・

日本人から出た汗の量は、すでに推定100億リットル(東京ドーム10個分)*に達するであろう状況で、ざっとその1%は水よりも人の体に近いポカリスエットでまかなわれたと概算した夏の終わり。
そう夏の終わり。

今年の夏は、よく遊んだ。
海、山、川、浴衣、海パン、バレー、写真、ビール、ビール、ビール。

小学生が例え遊びの王様を自負したとしても、
それはまだ君が井の中の蛙であるからそう言うことが言えるんだよと
軽くあしらえるほどの充実したD3の夏の余暇。

もし、この夏に悔いがあるとすれば、
予想以上に膨らんだ下腹部のライン。
そう、ライン。

女性陣を幻滅させたくない思いからの、
必死の3段論法。
「お腹やばいんだよね~」「ほらやばいっしょ」「でもお腹出てても全然いいよね~」
一種の洗脳。
洗脳は繰り返すことが基本。By ヒトラー

今日次期国交省の官僚に中央道の文句を言っておきました。
そのひどい渋滞の合間にできたなぞかけ。

ガソリンとかけまして、
AKB48と解く
その心は・・・よく燃える(萌える)

結構うまくできたと思ったのですが、いまいち評判が悪かったようで・・・
ということで、とにもかくにも暑く楽しかった2010年の夏も、ようやく熱が冷めてきたらしく、どうやらこのあたりでで終わりのようです。

b0199106_19521696.jpg




今年の夏とかけて、
皆既日食と解く
その心は・・・

一生に一度出会うかの美しく感動的で興奮した時間

ではでは、お後がよろしいようで。

おわり
[PR]
by faceless_masses | 2010-08-31 00:31 | 日常
<< 気がつけばそこにあるもの ならば問う。非厳密あるいは矛盾... >>