ブログトップ

Time's Arrow

twentytwo.exblog.jp

時間反転対称性の破れ

現在は刻々と過ぎ去り、否応なしに我々は未来を目撃し、過ぎ去った現在は過去に収まる。

2000年前にキリストが現れ、
1192年に鎌倉幕府が成立し、
17世紀、アイザックニュートンが万有引力の法則を見いだし、
20世紀、世界は泥沼の戦争と原子力爆弾の脅威を知り、
21世紀の現在(いま)、このブログを書いている。

この1行を書き記す間にも心臓は10回鼓動し、
この一瞬も多数の化学反応によって脳が機能する。

明日、ニュートンが再び現れることははなく、
来年、25歳になることももはやない。

祇園精舎の鐘の声、諸行無常の響きあり
すべてのものは移ろいゆく運命にあり、エントロピーは増大する。
それは、現在から未来への方向を約束する。


しかし、時間の矢が翻ることはなかれども、

DNAは複製され、鐘の音は脳に焼き付き、言語によって歴史は記録され、
写真は映像を未来へ残し、コンピュータとハードディスクは膨大な過去を蓄積する。

現在はたった今過ぎ去ったが、こうして現在は蓄積された過去となり、
蓄積された情報が未来のひな形となる・・・


b0199106_18523314.jpg


いくらか言葉遊びに励んだが、
結局は天才の言葉に行きつくのかな。

"I never think of the future. It comes soon enough."
Albert Einstein

おわり

[PR]
by faceless_masses | 2010-08-12 18:57 | 思想
<< 見たまんま