ブログトップ

Time's Arrow

twentytwo.exblog.jp

ミサイルは飛んでいく(3)

「この大陸が我の手中に落ちるのも時間の問題かな」

朝鮮半島の国はなんやら騒がしいが、まぁつかず離れずで向こうの大国の牽制を交わしておけばいいだろう。

すでに朝鮮半島の国も核を保有してしまっている以上、我々も簡単には手出しができない。
それに、朝鮮半島が混乱するとなれば、我が国の混乱にも拍車がかかるに違いない。
今はそっとしておくのが最良の選択だな。まぁかの国がどうしても困ったという段階で、そっと裏から

それよりも日本の出方をしっかりと見極めねばならない。
我が国の海洋国家としての地位をより拡大するためには、どうしてもあの領域を確保しておきたいものだ。
これは良いチャンスかもしれないぞ。

・・・・

「委員長、次はどういう手をうちましょうか」

「あのけしからん国も日本も、この状況を作り出すことに成功した我々には何も手を出せまい。」
「より防衛力を強化するために、ミサイルシステムの強化を前提に、さらに威嚇を進めよう。」
「ぎりぎりのラインで、我々の技術力を確かめるのだ。」

「これで世界の版図は変わった。例え、小国でも大国と戦い続けることができる。世界は変わったということだ・・・」

おわり


[PR]
# by faceless_masses | 2017-09-12 07:40 | 社会